入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯

部分入れ歯とは、部分的に失ってしまった歯を補うために使用される入れ歯です。残った歯にバネをかけて入れ歯を支える構造になっています。そのため、入れ歯の手入れだけでなく残った歯のケアも重要になります。

総入れ歯

総入れ歯

総入れ歯とは、すべての歯を失ってしまった場合に使用される入れ歯です。歯茎の上にそのまま装着するため違和感がありますが、近年の歯科技工の進歩により、全額自己負担の自由診療では違和感が少なく、より自然な噛み心地を得られる入れ歯の作製が可能です。

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯

保険適用の入れ歯は安価で作製できますが、使える素材がレジン製のため違和感があったり、食べ物の熱などを感じにくかったりするという欠点があります。またレジンは吸水性があるため、長期間使っていると変色してしまうおそれがあります。

自費診療の入れ歯

自費診療の入れ歯は高価ではありますが、品質の高い素材を使用しているため、より自然な噛み心地を取り戻すことができます。

金属床入れ歯

金属床入れ歯

自費診療の入れ歯の代表的なものです。歯茎に触れる部分(床)がコバルトクローム合金などの金属で薄くつくられています。そのため、よりよい噛み心地を得られ、食べ物の熱などを感じやすくなります。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

金属を一切使わない部分入れ歯のことです。入れ歯に金属のバネがあるかないかで、口元の見た目は大きく変わります。これまでの部分入れ歯と違い、口を開けても自然に見えるのが大きなメリットです。薄くて軽い仕上がりなので、噛み心地も自然に近く、口の中がすっきり感じられます。