インプラント

インプラント

歯を失ってしまう原因の多くは虫歯や歯周病です。そして歯を失ってしまうと、見た目が悪くなるのはもちろん、食事や会話さえ満足にできなくなってしまいます。快適な生活を送るには失った歯をインプラントで補う必要があります。歯を補う主な治療法、「入れ歯」と「インプラント」について下記で比較しています。

インプラントなら安定したかみ合わせを長い期間保つことが可能です。ほかにも自分の歯に近い見た目を再現することが可能なったりと、インプラント治療をすることで様々なメリットがあります。しかし治療期間が比較的長期になってしまったり、定期的なメンテナンスが必要になったりと、インプラントには少なからずデメリットもございます。患者様と話し合い、インプラントの全てを知って頂いてからのインプラント治療が理想的です。

ブリッジ・義歯(入れ歯)とインプラント治療の違いとは?

ブリッジ・義歯(入れ歯)とインプラント治療の違いとは?
治療方法 メリット デメリット
インプラント
  • 見た目がご自分の歯に限りなく近く、自然に見える。
  • 周りの歯を一切削らなくてよい。
  • ご自分の歯と同じような感覚で噛むことができ、食べものの味や触感がよくわかる。
  • あごの骨がやせるのを防いでくれる。
  • 歯を抜くのと同じ程度の手術が必要。
  • 全身疾患がある場合や重度の糖尿病の場合、治療ができないことがある。
  • 保険が利かない。
入れ歯
  • 一般の歯科医院でも簡単に治療を受けることができる(保険適用・自費がある)。
  • 装着時に違和感がある。
  • 固い食べものを噛むのが難しい場合がある。
  • 見た目が良くない場合がある。
  • 発音に問題が出る場合がある。
ブリッジ
  • 費用をかければ見た目の仕上がりがよい。
  • 固定式のため、ズレない。
  • ブリッジを固定するために、健康な歯を削る必要がある。
  • 発音に問題が出る場合がある。
  • 歯が抜けた部分の骨がやせていく場合がある。
  • ブラッシングがしにくくなり、口の中が不衛生になりやすい。